imgsp
imgsp
imgsp
2007/07/29  4:35 pm

CDWのマシンに乗るジャスティン・ウイルソンが、シリコン・バレーでポール・ポジションを獲得


<Champ Car World Series>
シリコン・バレーにあるテクノロジー企業のほとんどは、彼らの製品をより良く、より速く作るために努力しており、同じことがチャンプ・カー・ワールド・シリーズのチームとドライバーにも言える。レッドバック・レースウエイでのサンノゼ・グランプリにおいて、ジャスティン・ウイルソン(#9CDWコスワース/DP01/ブリヂストン)が彼のCDWのマシンを最速に仕上げ、49秒039のタイムで日曜日のレースのポール・ポジションを獲得した。

ウイルソンはレッド・フラッグが一度しか出なかったこの予選セッションで、タイム・チャートのトップに2回立った、ただひとりのドライバーだった。グラハム・レイホール(#2メディ|ゾーン・コスワース/DP01/ブリヂストン)は、今日2回行われたプラクティスのいずれもトップ・タイムを叩き出し、予選では最初のターゲット・タイムをマークする。この18歳のルーキーは不運なことに、序盤で記録したタイムを上回ることが出来ず、6位スタートのポジションに留まった。

レイホールの次にトップに立ったのは、ルーキーのニール・ヤニ(#21レッド・ブル・コスワース/DP01/ブリヂストン)。彼はウイルソンに敗れるまで何度かトップのポジションを守り、スイス人ドライバーのヤニは5番手からスタートすることになった。ウイルソンのトップ・タイムは残り3分で上回られ、オリオール・セルビア(#7インデック・コスワース/DP01/ブリヂストン)がベスト・タイムをマーク。このスペイン人が記録した49秒106のタイムは、4番グリッドに値するものだった。

それからシモン・パジノウ(#15オージー・ヴィンヤーヅ・コスワース/DP01/ブリヂストン)がトップに躍り出るが、ターン6でスピンを喫してレッド・フラッグを出してしまい、短命に終わってしまう。パジノウはレッド・フラッグのペナルティで最速タイムを取り消され、2番目のベスト・ラップで9番グリッドに入った。ウイルソンが残り90秒でトップに返り咲くと、ダン・クラーク(#4ミナルディ・チームUSAコスワース/DP01/ブリヂストン)はこのポール・タイムにチャレンジする。“スピーディ・ダン”は同郷の先輩に0.06秒まで肉薄するが、最速タイムを記録することはかなわなかった。

暫定ポール・シッターだったセバスチャン・ブルデイ(#1マクドナルド・コスワース/DP01/ブリヂストン)は苦戦を強いられ、6番手のタイムしか記録できなかった。この3度のディフェンディング・チャンピオンは、金曜日の予選パフォーマンスによって、フロント・ローからスタートする。

アレックス・タグリアーニ(#8LXN2コスワース/DP01/ブリヂストン)は7位に入り、トリスタン・ゴメンディ(#22ペイ・バイ・タッチ-メガスピエラ・コスワース/DP01/ブリヂストン)が8位。ゴメンディは背中を負傷して欠場した先週のエドモントンのあと、PKVのマシンに復帰している。ブルーノ・ジュンケイラ(#19サニーズBBQコスワース/DP01/ブリヂストン)は10位となり、ポール・トレイシー(#3インデック・コスワース/DP01/ブリヂストン)が11位からスタートする。

ポイント・ランキング上位4人のうち二人は、今日のセッションで大苦戦し、ランキング2位のロバート・ドーンボス(#14ミナルディ・チームUSAコスワース/DP01/ブリヂストン)は、15番手スタート。タイトル争いで3位につけるウィル・パワー(#5オージー・ヴィンヤーヅ・コスワース/DP01/ブリヂストン)は、12位からスタートすることになった。

サンノゼ・グランプリ・アット・レッドバック・レースウエイは、日曜日現地時間午後3時(東部時間6時)にスタートし、アメリカではその模様がESPN2の生中継で見ることが出来る。また、レース・ファンはチャンプ・カー・ワールド・シリーズの公式ウエブ・サイトwww.champcar.ws にあるレース・ディレクターを通じて視聴が可能だ。

トップ3インタビュー

ジャスティン・ウイルソン: 「この午後に走った両方のスティントでレッド・タイヤを装着したんだ。タイヤはすばらしい働きをしてくれたよ。今日、CDWのマシンでポールを勝ち取ることが出来てとにかく嬉しい。明日はあらゆる方法を駆使して勝ちたいね」

セバスチャン・ブルデイ: 「現状ではとても満足しているといえるよ。あまりないことなんだけど、僕たちは今朝のセッションで完全に方向性を見失ってしまっていたからね。昨日、僕をトップにしてくれたマクドナルド・チームにはとても感謝しているんだ。1位になっていなかったら、かなり悪い結果が待っていたからね」

ダン・クラーク: 「ここでは良い感触を得ているように思えるよ。チームではなく、ロケーションと言う意味でね。でも、マシンの調子が良いから嬉しいんだ。すべてが上手くいっている。明日もトップ3になることを目標にしているよ」



imgsp
NewsWiretitlesp
Danilo Petrucci ruled out of MotoGP opener by hand injury issues   <<AUTOSPORT.com ( )
MSR's Olivier Pla on pole in all-Ligier Sebring 12 Hours front row   <<AUTOSPORT.com ( )
Ducati stays on top in MotoGP Qatar FP3 with Andrea Iannone   <<AUTOSPORT.com ( )
Four Formula E manufacturers considering battery supply tender   <<AUTOSPORT.com ( )
Andrea Iannone fastest for Ducati in MotoGP Qatar second practice   <<AUTOSPORT.com ( )
Live gaming championship for fans to accompany Formula E races   <<AUTOSPORT.com ( )
Haas fears it could 'mess something up' on F1 debut in Australian GP   <<AUTOSPORT.com ( )
Gronholm plays down expectations on son's World Rallycross season   <<AUTOSPORT.com ( )
McLaren in 'better position than most' after first F1 practice day   <<AUTOSPORT.com ( )
Renault's F1 engine development token spend irrelevant   <<AUTOSPORT.com ( )
Nico Rosberg apologises to Mercedes for Melbourne practice crash   <<AUTOSPORT.com ( )
Formula 1 radio rules clampdown is bad for fans - Red Bull's Horner   <<AUTOSPORT.com ( )
Alex de Angelis has further surgery related to 2015 MotoGP crash   <<AUTOSPORT.com ( )
Spares shortages limited F1 teams' Australian GP practice running   <<AUTOSPORT.com ( )
Mercedes reshuffles Rosberg and Hamilton's crews for F1 2016   <<AUTOSPORT.com ( )