imgsp
imgsp
imgsp
2011/11/20  1:39 am

LAオーット・ショー!!! (前編)


今回はロサンゼルスのダウンタウンにあるコンベンション・センターでLAオート・ショーが開催されたのでね、取材に行ってきました。オート・ショーといえば自動車メーカーのコンセプトカーや新車情報など話題が盛りだくさん。このコラム初登場の“オーット斉藤”が気になるクルマをピックアップしてご紹介していきますよ!
 
LAオーット・ショー!!! 前編
 

 
ふぅー。やっと入り口にたどり着いたぜ。2年前は知り合いと一緒だったからスムーズに駐車場まで行って、会場に駐車したんだが今回は単独行動。そのとき停めた駐車場の場所をわすれちまって、ぜんぜんあさっての方向にある駐車場にクルマを停めてきちまったよ。まったくこれじゃ、先が思いやられるってもんだ。
 
まあ、オーケー。とりあえず、無事たどり着くことができたんだから良しとしないとな。でも、ちょっと風邪気味だったからしんどかったぜ。おっと、そんな弱音を言ってる場合じゃなかった、早速、クルマを紹介しないと!
 

 
おーっと! これはホンダが電気自動車の市販車として世に送り出す“フィットEV”じゃないか! ついこないだフィットのハイブリット車が走り回るようになったと思っていたら、今度は電気自動車のフィットが来年の夏ごろからこのカリフォルニアでも見ることができるってわけかい。ヒュー。こいつは楽しみだぜ。
 

 
予想航続走行距離は123マイル(約198キロ:米国EPA方式LA-4モード)、直線距離でいえば東京の皇居から福島の郡山市くらいまでの距離。地図を見ないとみんなピンと来ないだろうが、結構これって遠いぞ。皇居から宇都宮市までの直線道路があれば、なんとか行って帰ってくることができるんじゃないかっていう距離感でもあるな。そんな道ないけど。
 
しかも充電時間は240Vのチャージャーなら、約3時間でフルチャージ! おいらのフルチャージにはもうちょっと時間が必要だけど、映画2本も観ていれば充電が終了しちゃうって言うんだから驚き桃の木山椒の木だぜ。
 

 
おーっと、忘れちゃいけないのがこの最先端システム。今や持ってないとちょっと遅れ気味(もちろんおいらも遅れ気味)のスマートフォンで遠隔操作ができ、電池残量の確認はもちろん、エアコンのオン、オフ、そして充電装置に接続しているときは充電の開始と完了などの操作が可能。ヒュー。まったく時代はあっという間においらをおいていっちまうぜ。カムバック・ジェネレーション!
 

 
それじゃ、今度は車体各部を紹介しちゃうぜ! こちらはフィットEVのハート、そう、エンジン。あ、電気自動車だからモーターだな。ソーリー。燃料電池自動車「FCXクラリティ」で培ったモーター技術を搭載していて、最高出力は92kW、最大トルクは256Nmだぜ!
 

 
こちらは運転席。おーっと、なにやらバイザーやダッシュボードの開き具合など細かくチェックしているぞ! 
 

 
さあ、ラゲッジスペースだ。電気自動車にしては結構広いイメージがあったぜ。大型のスーツケースひとつなら楽に入るな。おいらだったら二人は入れるんじゃないか? 厳しいか? ちょいとした買い物くらいの荷物なら十二分だ。
 

 
さて、そんなラゲッジスペースの床下に充電ケーブルが収納されていたぜ! それ以外にも何か入るスペースがあったけど、ここにはさすがにおいらも入れねぇな。
 

 
最後は気になるそのプライスだ! 3年のリース販売で月々わずか399ドル! ワォ! こりゃ毎月の生活費を絞ればおいらにも手が届くんじゃないか? 希望小売販売価格は36,625ドルってことは現在の円価格だと2,816,828円だってよ! 円高のうちにアメリカで買うのもありだぜ〜。イエス!
 

 
おーっと、お次は今回がワールド・プレミアとなった2012 CR-V。愛嬌のあったこれまでのCR-Vの顔つきが、なんかキリっと引き締まったんじゃないかい! エレガントな感じさえも漂う、ひとつ上のランクにステップアップしたようなアダルティなデザインで、おいらは気に入っているぜ。
 

 
燃費、性能の向上はもちろんだが、なによりこの画期的なシステムをご紹介しないとな! たとえばゴルフバックや自転車などラゲッジスペースに納まりきらないものがあったら、リアシートを倒してスペースを確保しなければならないけど、いちいち後部座席のドアを開けてシートを手動で倒さなければならなかった。
 

 
ところがこのCR-Vときたら、ラゲッジスペースの側面にあるレバーをひとつ引っ張るだけであら不思議! 後部座席シートが跳ね上がり、その空いたスペースに自動的に折りたたまれたヘッドレストと背もたれがすーっと倒れていって、ぴったんこと収まっちまうんだぜ。ヒュー。ハナ肇もびっくりの“アッと驚く為五郎”ってなもんだ。まいったぜ。
 

 
リアのドアを開けて両サイドのレバーを引っ張ればご覧のとおり。自ら動き回ることなく自転車だってゴルフバッグだってもしかしたらパームツリーだって(それは無理か)あっという間に積み込むことができるってわけよ。グレート!
 

 
おーっとっと、忘れちゃいけない最後のサービスショット! 最後までご覧になったジェントルマン、お待たせしたぜ! フィットEVもCR-Vも粋なクルマだったけど、おいらの瞼にいまでも焼き付いているのはなんてったってこのホンダのコンパニオン。この日、最初に撮影したのがこのキューティだってんだからまいっちまうよな。おいらにも。
 
おーっと、そろそろノーズ・ウォーターが出てきたな。風邪の調子が悪くなってきたんで今回はこれくらいにしておくか! 次回もLAオーット・ショーの残りをお伝えするからお付き合いよろしく頼むぜ! シー・ユー・スーン! ハックシュン! ブレス・ユー。
 



imgsp
NewsWiretitlesp
Danilo Petrucci ruled out of MotoGP opener by hand injury issues   <<AUTOSPORT.com ( )
MSR's Olivier Pla on pole in all-Ligier Sebring 12 Hours front row   <<AUTOSPORT.com ( )
Ducati stays on top in MotoGP Qatar FP3 with Andrea Iannone   <<AUTOSPORT.com ( )
Four Formula E manufacturers considering battery supply tender   <<AUTOSPORT.com ( )
Andrea Iannone fastest for Ducati in MotoGP Qatar second practice   <<AUTOSPORT.com ( )
Live gaming championship for fans to accompany Formula E races   <<AUTOSPORT.com ( )
Haas fears it could 'mess something up' on F1 debut in Australian GP   <<AUTOSPORT.com ( )
Gronholm plays down expectations on son's World Rallycross season   <<AUTOSPORT.com ( )
McLaren in 'better position than most' after first F1 practice day   <<AUTOSPORT.com ( )
Renault's F1 engine development token spend irrelevant   <<AUTOSPORT.com ( )
Nico Rosberg apologises to Mercedes for Melbourne practice crash   <<AUTOSPORT.com ( )
Formula 1 radio rules clampdown is bad for fans - Red Bull's Horner   <<AUTOSPORT.com ( )
Alex de Angelis has further surgery related to 2015 MotoGP crash   <<AUTOSPORT.com ( )
Spares shortages limited F1 teams' Australian GP practice running   <<AUTOSPORT.com ( )
Mercedes reshuffles Rosberg and Hamilton's crews for F1 2016   <<AUTOSPORT.com ( )